ゆふ工房ステンドグラス作品展「こつぶ展 9」のお知らせ(2022.12.7〜12.12)

すっかり紹介するのを忘れていたけれど、今年も相方さんのステンドグラス工房「ゆふ工房」の個展が開催されまして、ってもう昨日からはじまってます。

こつぶ展 9
ー ゆふ工房の小さな音 ー
伊藤裕子作品展
日時 2022年12月7日(水)〜12月12日(月)
場所 アートギャラリー北野

詳細は工房のブログをどうぞ。

こつぶ展 9(12/7〜12/12) – ゆふ工房(2022.11.6)

場所はいつもの三条河原町の角っこ。

昨日は個展初日でお手伝いしてましたので、ちょっとだけ様子を。

京都観光、修学旅行生も、海外からのお客さんもだんだん戻ってきたところ。そんな京都散策のついでにいかがでしょうか。

献血日記(135)

またちょっと間が開いてしまいましたね。時期的に多分今年最後の献血(多分

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

前回アプリができてるっていう話をしていたんです、その中の機能として事前問診っていうのがあるんです。(アプリじゃなくてWebでもできるけど)

献血Web会員サービス「ラブラッド」|日本赤十字社

いつも受付でタブレットを使ってペチペチと問診回答していくのを、ルームに行く前にやっておけるという仕組み。もちろん当日しか入力できないですが、当日電車の中とかで入力しておけば手間が省けて確かにいい。スムーズになりました。

今日も、検査採血終わって、温かい飲み物でもゆっくりと、、、って思ったら、あっという間に呼び出された。水分はちゃんととっておかないとっていうのはあるから、この辺難しい。

採血中のお供は、先日のブラックフライデーでまとめ買いした「オーバーロード」の「聖王国編」をiPhoneのKindleにて。いやあ、集中して読んでるとあっという間に時間過ぎちゃいますね。

そして今日のお土産はお茶バッグとボディシートと付箋。それからクリスマスキャンペーンでチョコレート菓子。そしてメインがポイントたまってゲットした献血バック型の保冷剤。

保冷剤は個人的にはかなり面白アイテムなんですが(ちゃんと「血漿」仕様だし)、使いどころに困るかも。保冷かばん開けて、これが出てきたら結構びっくりしそう。「何型がいいですか?」って聞かれたのでちゃんとA型です。というか、全血液型コンプしたい。

これの携帯ストラップっぽいのをみたことがあるんで、いつか欲しいなあ(なんかの機会にもらえないかなあ)と思ってる今日この頃です。

血はいつも足りていないので、不要不急ではないですし、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。そういや、今年は年末年始の献血のお誘いなかったな。もう無理に声かけるのやめたのかな。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」を観てきました

平日ですけれども、学校代休の下の子と観てきました。

【公式】「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」

ちょうどアニメ2期が終わった後の話なので、アニメ観てると十分に楽しめます。なんなら「転スラ日記」とかにも手を出してるとなおいいのかもしれない。

もうなんていうか「ジュラ・テンペスト」オールスターズ(愉快な仲間たち)が期待通りに暴れてくれたので満足満足。

なにがあっても、まあリムルさんがなんとか(たべて?すいこんで?)してくれるから大丈夫でしょ、っていう安心感でお気楽に観れるのがよいですね。

公開直後っていうこともあってか、入場者プレゼントももらっちゃった。

3期の制作も発表されたみたいですし、これまた楽しみです。

さて、次はすずめさんを観に行きたいところですが、家族の都合というやつでそっちは冬休みごろになるかなあ。

映画「おばけ」を観てきました

ようやく観ることができました。中尾広道監督の「おばけ」。自主制作映画のコンペティションPFFにおける2019年のプランプリ受賞作品。

第41回PFFグランプリは中尾広道監督の『おばけ』! 一生自主映画宣言!? | ぴあエンタメ情報

社会情勢もあったかと思うのですが、なかなか上映される機会が少なくて、関西にこ〜いと思っていたのがようやく。

11月19日、中尾広道監督『おばけ』上映会のお知らせ‼|インフォメーション|新着情報|おもちゃ映画ミュージアム

先に書いておくと、監督は同い年の従兄弟でして、それこそ小学校のころとかは祖父母の家や彼の家で夏休みのたびに遊びまくっていた覚えが。そんなわけで、今回の上映の案内も直接いただいたんですけれど、予約の受付が始まったと思ったらあっという間に満席になっていたようで、マジか・・・と思いつつ、キャンセル待ち希望で会場に連絡して待つことしばし・・・上映数日前にキャンセルがでたという連絡がありましてぎりぎりセーフで会場に足を運ぶことができました。

上映会場に置かれていた映画で実際使われていた小道具たち。

60分の本編はあっという間。えーと、私はこの想いを正確に表現できる言葉を知らないです。でもぐっときた。ありていにいうとものすごいいい作品でした。これが「オンリーワン」ってことか。

曰く、諸事情により本作の上映は今回で一段落(しばらく予定はない)とのことですが、ほんと観られてよかった。でももっといろんな人にも観て欲しいなという気持ちもあって、そこらへんは複雑。

せっかくなので予告編っぽいのだけ貼っておきます。

WUBAROSIERMASCHINE | Hiromichi Nakao

上映後にちょっとしたトークもあって制作の裏話もちょっと聞けたし、トーク後には本人とひさしぶりに話もできたし、物販でサントラ買っちゃいました。

こころリフレッシュできたし、自分も(ジャンルも何もかも全然違うけど)いいもの作れるようにがんばらなあかんなあ。

potatotips #79 にいってきました – 「Live Activityをさわってみた」

1年ぶりの勉強会参加。そして老舗のpotatotipsに初参加です。

[Online] potatotips #79 iOS/Android開発Tips共有会 – connpass

potatotips 79 · potatotips/potatotips Wiki

ネタかぶりを気にしながら、旬なネタをやってみた。

 

ほんとは上の写真に写っている差し棒も画面共有されている予定だったんですが、うまくいかなくて、それはちょっと残念。このMacでZoomの画面共有初めてだったしなあ。こういうの、事前に試すの難しいな。(2台のマシンでやればいいのか)

そして、直前まで時間はかる用のストップウォッチ用意していたのに、つけるの忘れていたし、結局5分を超えて10分くらいしゃべっていたのかな。。。時間配分むずい。

最新機種かぶりとしてはApple Pencilのホバー対応、M2 iPad買う?円安つらいっす。あとは最近の開発事情(Development Assets便利そうとか)をいろいろ聞けたので、明日からも開発がんばろう!

20時からのオンライン勉強会は、家の用事を一段落してから参加できるのでいいですね。とはいえ、そろそろたまにはリアルな勉強会にも行ってみたいよなあ。

関係者のみなさんおつかれさまでした。そして、ゆめみさんありがとうございます。

京都市民管弦楽団第106回定期演奏会でした

秋の行楽シーズンまっただ中。いいお天気の週末に演奏会でした。

曲目 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」序曲
R.シュトラウス ホルン協奏曲第1番
シューマン 交響曲第2番
ベートーヴェン ピアノソナタ「悲愴」より第二楽章
        (アンコール)
指揮者 新通 英洋
Hr独奏 水無瀬 一成
場所 京都コンサートホール
備考 前2曲トップ

まだまだ練習会場の制限が完全に解除されたわけではないですけれど、だんだん編成の大きな曲にもチャレンジできるようになってきました。

タンホイザーええ曲やねえ。低音響かせられたかな。終盤のpizzが完璧に合わせられた(自称)ので、もうこれだけでビール飲めるわ〜って思いました。

思い起こせば協奏曲でトップやったことってほとんどなかった気がするわけですが、ドキドキしながらがっつりソリストについてきました。ドキドキといえば、前半2曲は比較的休みが多かったので、小節数えたり、まわりを聴いたりで心臓バクバクいってたわ。鼓動が微妙にテンポとずれてて変な気分になったりとかね。

そしてシューマン。いやいや、なんでこの曲こんなにマイナー扱いされてるんやろ。全部弾いたことのあるシューマンの4曲中での自分ランキングでは4番とどっちが首位かっていう話ですよ。まあ、かめばかむほどっていう感じなので、初見ではつらいのかもなあ、実際練習開始当初はそんな感じだったわけで。

でも、終楽章のクララの主題とか、ベートーヴェンの主題が出てくるところあたりになると、もうほんまこみあげてくるものがありましたね。

アンコールは久しぶりだった気がしますが、ピアノ好きとしてはなかなか面白い編曲ものでした。いい曲はいろんな楽器(編成)で演奏したくなるもんなんですねえ。思わず久しぶりにピアノを弾いてみたりしたなあ。

今回も、練習期間の序盤と終盤に何度か合奏を振らせてもらいましたけれど、聞いたところによるとお役には立てたみたいだったのでそれはなにより。

いろんな方面から和声の話をされた数ヶ月でしたけれど、自分の演奏のために自分でできることももっとたくさんあるだろうなあ。楽器を弾くだけじゃなくてね。もっと曲に近づきたいと思った今日この頃でした。

さて次はさらに大曲になっていきます。もう念願の小組曲が弾けて今から浮かれてます<ピアノ好き。

聴きにきていただいたみなさんありがとうございました。関係者のみなさんおつかれさまでした。家族のみなさんいつもご協力ありがとうございます。

献血日記(134)

そういやいってないなあ、と思って1月半ぶりの献血。

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

10時前にルームについたら、4〜5人くらいいて、予約してた自分は3番目って感じ。初めての人もいたみたいで、そういうのはいい傾向。

お手洗いに行って、温かい飲み物を、、、と思って口に付けたら、あっという間に採血室から呼び出されて、いやいや、ちょっとこれ飲んでからにさせてくださいと、あわてて飲むもホットはなかなか消費できなくて、とやってるうちにもう一回呼び出された。なんかすいません。いや、思ったより準備が早かったですわ。

やっぱ、ベッドの角度的に採血中に雑誌を読むのは難しくなってて、結局Kindleで適当なマンガとかを読んでいたけれど、そうこうしているうちにあっという間に血小板1時間コースが終わってた。

ちなみに、MacFanも持ち込んでいて、休憩中とかにはざっと読んでました。新デバイスの特集いっぱいで、AirPods Proはほんといい進化を遂げてるよねえ、と。

今日のお土産はお茶バッグと、ボディシート。このシート、以前1本単体でもらったことあるけれど、在庫結構あるのかな?という感じで5本まとめて。キャンプにあるとよかったな、これ。

なんか、献血のアプリもできたみたいですね。早速インストールしてざっくりみてみる・・・(略

ラブラッドアプリのご紹介 | めぐる献血PROJECT【日本赤十字社】

血はいつも足りていないので、不要不急ではないですし、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

そろそろ上の子の献血デビューも企画しないとなあ。

信楽にキャンプにいってきました

3年ぶりのオートキャンプですよ。今回お世話になったのはここ。

信楽キャンプ 北欧ハウス|信楽でキャンプするなら、信楽キャンプ 北欧ハウス。

もう、どんどん新しいキャンプ場できてますよね。3年も経つと行ったことないキャンプ場がたくさんある。

ポータルサイトも整備されてきたのか、予約システムが統一化されてきた感じはありますね。予約開始日のサーバ混雑にもいろいろ対策がされているようで、ある意味以前のような予約の大変さは軽減されたのかもしれません。とはいっても予約できるかは運みたいなものなのですけれど。

予約してから改めて気付いたことですが、キャンプ場が近すぎて、高速乗って降りたらもうすぐに現地。途中で買い出しする場所がほぼない状態だったので、近所のスーパーでおおまかにそろえて、ちょっと遠回りしてキャンプ前によくお世話になっている、もくもくファームへ。

伊賀の里モクモク手づくりファーム

野菜と豚肉、ソーセージなどを仕入れます。ほかにもちょっと寄り道してたけれど、チェックイン前に着きそうだったので、その前にお昼ご飯を。

もくもくのチーズメンチカツうま!(ここはまだしらふですよ。もちろん)

13時過ぎに現地にチェックイン。いつものご近所さんと行ったので、2サイトを広々と使ってテントを設営します。3年ぶりの設営で、あれ?これどうやるんやっけ?とか、積んだつもりの荷物がー、とか、そもそも積むの忘れてたー、とか、いろいろ小規模の問題はありましたが、なんとか無事に設営完了。(ちなみに、いつも調理台にしているテーブルセットを完全に忘れてて、すいません)

早速火もつけるよ。

そういえば3年ぶりってことで、今の車(というか先代のもそうだけど)になってから初めてのオートキャンプだったので、キャンプ用品の積み込み実践も初。パズルを解くようにいろいろ積み替えてみて、ちゃんと途中経過も写真撮って、なんとかなりました。っていっても、テーブル一式忘れてたので、実際にフル装備では積めてないんだけれどw この時期はどうしても装備多めになるから難しいっすね。

晩は、薪ストーブでサンマを焼いて、豚汁つくって、サンマ定食の出来上がり。

いや、直火で焼いたサンマめっちゃうまいわ。これ以上おいしいサンマはきっと無理〜、なので、今シーズンのサンマ食べた意欲は完全に満たされました。

昔は夜に起きてる大人だけで食べていた夜食も、普通に子たちも一緒に寝る前に食べる夜食になって、みんな大きくなったよね、と。

空を見上げたら、お月さまが大きくて、そういや十三夜やん!って。

めっちゃ晴れてる瞬間もあったけれど、雲がかかって幻想的だったのでぱしゃり。そばにしっかり光ってる星があって、木星だったのですね。いやあ、両方はっきり見えてよかったよかった。

天気よかったのでテント設営している時は、半袖Tシャツで動き回っていましたが、日が沈むとそんなことはなく、夜は上に長袖着ていつものWWDCジャケットきてちょうどいいくらい。

寝る時は長袖だけでシュラフに完全に入ってそれでもちょっと肌寒いかな、って感じでした。明け方放射冷却でかなり冷えたっぽいですしね。

家族の都合というか、キャンプ中に自宅を往復する用事があったんですが、たまたま近いキャンプ場で助かりました。往復1時間ちょっと、とかですからね。

写真撮りわすれたけれど、朝はもくもくのパンを焚き火であぶって食べて、昼はソーセージとか豚ステーキとかでめずらしくバーベキューっぽく。焼きナスもおいしかったなあ。


残念ながら昼ごろから予報通に雨がぱらついてきて、風はそんなになかったですし、ほぼ小雨だったので降り込んでくるってほどでもなかったんですが、それでも外で雨はめいるよねえ。翌日には止んでくれているとよいのだけれど・・・と。

夜はすき焼き。ここでも豚です。今回はもくもくの豚づくし、ってスタンスで。

夜食までちゃんと完食して、2日目終了。(この合体ものカップヌードル、個人的にはどちらも結構おいしかった)

雨のおかげでそんなに気温は下がらなかったようで、シュラフの中だとちょっと蒸し暑い感じになってました。というか、そもそも夜中にちょっとした突風の音が聞こえてきたり、なにかかぶつかる金属音がしたりで、飛び起きてテントの外を見回ったり、その後はあまり寝つけなかったり、そんな夜でした。テント泊での雨夜はいつもそんな感じになっちゃいますよね。

残念ながら翌日も雨は上がっておらず、これはいつ止むかねえ、と雨雲レーダーを見ながらの朝ご飯。10/10って晴れる日やないん?

前日のすき焼きの残りに具材を追加してうどん。これも最終日定番ですね。冷凍うどんが保冷材がわりになりますし、残り物を一掃してくれるというかなんというか。

そして結局雨が完全に上がることなく、乾燥撤収など夢のまた夢で、ぬれたままのテントやらなにやらをどんどん車に積み込んでいきます。傘を差すほどの雨じゃなかった(ほぼ小雨か霧雨程度)のが不幸中の幸いですね。過去に普通に本降りの雨の中で撤収作業をした経験もあるので、あれに比べれば、というのが気持ち的に大きかったなあ。

帰路は連休最終日ということもあって、そこそこ混んでましたけれど、それでも11時チェックアウトで、12時前に家にいるって新鮮な気分。ほぼ京都市内の移動やん、って感じですね。高速移動だったけど。

昼からは天気回復っていう話だったので、早速ぬれたテント類を乾かす作業に、、、って思ったのにね、夕方もうひとふりなんてそれは予想外。まじですか。(ちなみに、そのあと夜のあいだ乾していたけれど、朝起きたら夜露でめちゃ濡れてて、ほぼ振り出しに戻った気分・・・)

まあそれはそれとして、打ち上げまでがキャンプですっていうのも久しぶりで、もうなかなかみんなで集まる時間をつくるのが難しくなってきたけれど、それでもたまにはこういうのもいいですよね。


今回の毎日日記はこちら。だいたい寝る直前に書いているから雑だけど。

キャンプ1日目 – itokの日記(2022.10.8)
キャンプ2日目 – itokの日記(2022.10.9)
キャンプ3日目 – itokの日記(2022.10.10)


最後にキャンプ場メモ。

  • 区画は単純に地面にロープが張られているだけの区切り。車も区画内に駐車
  • ゴミは分別して捨てられます←特にゴミ情報は買い物するときに大事
  • トイレは管理棟にあり、サイトの数からすると少なめでこれがちょっとネック。身障者用トイレ(もちろん洋式)もあり。
  • 薪販売あり、今回は持参したのでちょっと買い足したくらい
  • 炊事場は蛇口とシンクがあるだけのこじんまりとしたもの
  • 管理棟でボードゲームの貸し出しとかをやっていて、雨の時でも建物内の畳スペースで遊べたのはよかった
  • お風呂もよかったらしい(私はいつもキャンプ中にお風呂を使わないのでわからない)

久しぶりにいけてほんとによかった。ちょっと勘を取り戻せました。また忘れちゃいそうだけれど。

3年ぶりってことで、子たちがみんなめちゃ成長していて、いろいろ手はかからなくなったし、手伝ってくれるし、楽になったなあ、と。

さてさて、次はいつ行けるかなあ。


これを書きながら、横で見ていた子に
「ビールの写真ばかりやね」
「いや、そんなことない、はずやで」
「ほかになにがあるん?」
「・・・えーと・・・ほら、コーヒーとか!」
「迷ってる時点であかんやん」
っていわれたけれど、まあ、ビールの写真ばかりでいいじゃないですか、とね🍻

iPhone 14 Pro、AppleWatch 8、AirPods Pro 2がやってきた

9月の新製品ラッシュが一段落して、最後に届いたAirPods Proも今週現場で使いまして、そんなこんなで新メンバーを改めて歓迎。

パープルいいっすねえ。今回も電話と時計はストア受け取りだったんですが、予約時間を待っている間にスタッフさんとちょっと会話を。

「ディープパープルにされたんですね」
「ええ、いつも新色を買うって決めてるんで、ある意味悩まずにパープルで。あ、でもwatchは新色なかったのでREDにしたんですけれど・・・」
「あー、その決め方いいですね!いつも色に悩むんですよねえ・・・」

とかそんな感じで、パープルです。

新色にしたら、机の上に開発用デバイス並んでいても、間違えなくてすむかも、っていう開発者視点のメリットもありますし。(実際、机の上には12とか13とかも一緒にならんでいるわけで)

純正クリアケースつけると、どうしても反射でパープル感は薄れてしまいますけれども、結構落としてしまうほうなので保護は大事。

Dynamic Islandなんかかわいい。音楽聴きながら、画面を見てるっていうシーン多いので、ディスプレイの上部でメータちょこちょこ動いているのがいいですね。なんか自分でも使えるように試していきたいところ。

常時ディスプレイonも最初は使っていたんですが、なんかつきっぱなしなのはそれはそれで気になったので今はoffにしてます。これも開発者視点ではonにしたほうがよいかもなので、またそうするかも。

Watchさん、寝るときは別の世代をつけているので、皮膚温まだ測ったことないですが、1年ぶりのRED。そんな2世代前は相方さんが使っているのでREDおそろいとなっています。Black Unityのブレイデッドソロループは真っ黒じゃないちょっとしたアクセントカラーがお気に入り。

ちなみに一番の注目はAirPods Proの第2世代。ノイズキャンセルがめちゃ強化されてるわ。地下鉄で全然気にならなくなりましたね。逆に、たまにはまわりに気を配らないと乗り過ごしてしまいそうです。そして、外を歩くときは環境音取り込みモードじゃないと危ない。いやあ、これはいいパワーアップですわあ。

そんなこんなで、新しい相棒さんたちよろしくです。

演奏会のお知らせ : 京都市民管弦楽団第106回定期演奏会(2022.10.23)

本番まで1月半、先週末に集中練習もありまして、っていつもこんな書き出しですが、だいたいこの時期に書くからなあ(とコピペの言い訳

日時 2022年10月23日(日) 13時開場 14時開演
場所 京都コンサートホール
曲目 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」序曲
R.シュトラウス ホルン協奏曲第1番
シューマン 交響曲第2番
指揮者 新通 英洋
Hr独奏 水無瀬 一成

京都市民管弦楽団

いい感じのロマン派オールドイツもの。実は全曲弾くのははじめてですね。こういうのって、久しぶりかも。

タンホイザーさん、曲は知ってるけど、話は・・・って、解説読んだり全曲を数回BGM替わりに流したりしたら、とにかくストーリー(と主人公)に突っ込みせざるを得ない気持ちになったのはさておくとして、いいベースラインを響かせられたよいなあ、と。

管楽器の協奏曲は久しぶり。確か、金管のはこれがはじめてですね。18歳で書いたとは思えない、天才の所業。その若さゆえというか、モーツァルトっぽさあるよねえ、と。すでにソリスト合わせも経験済みですが、ほんと本番楽しみですわ。いい音を出してもらえるようにしっかりと支える大事なお仕事がんばりましょ。

最後はシューマン。これでシューマンの交響曲はコンプリートですが、最後にごっついしぶいのきましたねえ。でも4つの中では好きなほうだなあ、4番とどっちがBestかっていう感じだあ、個人的には。相も変わらず終楽章のコーダあたりは泣けますわ。泣いてる余裕無いくらいにどんどん小節進んでいくけども。

手元にチケット何枚かありますので、いとーけーの演奏姿(前半2曲はトップやってますし)でもみてやるかっていう人は是非お声がけくださいませ。