近畿フィルハーモニー管弦楽団第37回定期演奏会でした

日曜はひさしぶりに大阪でオケの本番でした。

曲目 リスト 交響詩「レ・プレリュード」
ドリーブ バレエ「シルヴィア」組曲
ベートーヴェン 交響曲第3番
ベートーヴェン バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より終曲(アンコール)
指揮者 岡田 良機
場所 いずみホール
備考 賛助

近フィル、ブログに記録残ってないけれど、あらためてさかのぼると2003年以来の出演です。10何年ぶり、とか言ってたけれど20年以上ぶりだった。

大阪でオケに所属していたころの知人の方々ともひさしぶりに同じステージに乗れてよかったです。いずみホールもひさしぶり。

ベートーヴェンは先日5番を弾いたところからの3番。これも20年以上ぶりだったなあ、あいかわらずめちゃむずい。リストも先日弾きましたね、そしてシルヴィアは初でしたけど楽しかったです。

ベース8人の後列で、いつもと違う雰囲気で、ある意味心に余裕を持ちながら(自分がパートを引っ張っていかなくちゃ、とかないので)地響きのお手伝いができたかなあ、と。

大阪での練習には車で通っていましたし、本番も車移動だったので、打ち上げはちょっと遠慮して自宅でおいしいビールをいただきました。

そういえば、買ったばかりの新松脂の本番デビューでしたが、まだなじめてはないかなあ(自分が)。弓の毛も古いしね。前使っていた6よりは粉が飛び散らなくなった感じ。

暑い中、客席はほぼ埋まってる感じで、関係者のみなさまお疲れさまでした。また機会があれば、ということで。

献血日記(151)

また献血ブログっぽくなってきた(献血日記の割合増えてきた)

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

なんか毎回老眼鏡のネタを書いている気がしますが、そもそも今日はオフィスに持っていくのを忘れていたので論外でした。まあ、なんとかなったけれど。

猛暑日な一日でしたけれどルームにはたくさんの人がいてよかったよかった。(なんかルームの混雑を見て一喜一憂してる人みたい)

そして献血自体はいつも通りになにごともなく過ぎ去ったんですけれどね。。。

ボールペンと、七夕のそうめんと、ポイントたまったピンバッジと・・・

って、ポイントたまった時に「ポチャッコのO型」っていった気がするんですけどね。サンリオのキャラ4種で、血液型も4種なので、キャラごとに1つの血液型でバッジをそろえようかと・・・(ポチャッコのOで4種目になる予定だった)

受け取った時も全然気付いてなくて、ルーム出て、あとで並べて撮影した時に初めて気付きました。あ、これポチャッコじゃなくてポムポムプリンやん。ポムポムはB型のを持ってるよ、って。どっちも同じ「ポ」だからかな。自分気付かなかったので全然ダメなんですけれど。

まあ、またポイントたまったら今度こそってね。多分2〜3回でたまるでしょうし。

そんなこともありましたが、血はいつも足りていないので、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

(全然関係ないけれど、ポムポムプリンが、犬、しかもレトリバー、なのをはじめて知りました、今日。そういうナゾ生物だと思ってた)

「犯罪心理学者は見た危ない子育て」を読みました

学校関係からちょっとオススメされまして、そしてちょうど読む本ないタイミングだったのでさくっと。

自分的には子育て後半戦には突入していると思っているんですが(あと10年も経たないうちにみんなが独立する、はず)、そんなわけでちょっと今さら?かなと思いつつページをめくってみたけれど、いろいろうなずけること盛りだくさんで今からでも参考になりそうなことたくさんあったわ。

というか、基本的に犯罪を犯した子の話からスタートするので、そしてちょうどまさにそういう時期(思春期から青年期)にさしかかっているっていうところなので、その意味ではドンピシャだった。

自分は大丈夫、うちの家族は大丈夫、と思い込まずに、できるだけ客観的に見られたらいいんですけどね、難しいですよね。

なんでもバランス大事なので、極端でなければ大丈夫なんですけれど、とはいえ、程度問題ではあるけれどやっぱり偏ってはいるよねえ>自分、と省みながら。

たまにはこういう本もいいですね。成功体験の本はとくに読むモチベーションあがらないですが、こういうのは逆に参考になりそうで。というか、子育て関係の本まじめ読んだの、初めて?超ひさしぶり?文章も読みやすくて通勤時間だけで1週間もかからなかったです。

ちなみに、冒頭を読みながら思ったことは「あ、これNewtonで読んだわ」でした。たまにNewtonで心理学系の特集が組まれることがあるんですが、そういうところで結構触れられてる話もあって、心理学は科学ですからね、と。

献血日記(150)

今日は、世界献血デーなんですってよ。って今言っても仕方ないですけれど。

6月14日は「世界献血者デー」です!|トピックス|血液事業全般について|献血について|日本赤十字社

そろそろ行くかなあ、と思っていたところにそんな話もあったので行ってきました。なんか150回目ですよ。別に節目というわけでもないけれど。

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

前回老眼鏡をかけ忘れていた反省に、荷物を置いたらもうその時点でメガネを交換する、という方法でやってみました。老眼鏡だと、1mくらいの距離ではもうぼやけてしまうんだけれど、ちょっと診察あるだけであとはベッドに寝ころでるだけだし特に困らないか。

朝一の予約でしたが、特にそんなに早く行ったつもりもなかったけれど、自分含めて2人しか人がいなくてちょっと不安になったものの、採血終わって出てきたら、たくさん人がいてほっと一安心。

世界献血デーのおやつと、ポイントたまったパスタと、「四条の日」(「4」のつく日)ってことでくじ引きした麺つゆと、あとはいつものお茶漬けと、盛りだくさんになってしまいました。ちょうどオフィスのお茶漬け無くなったところだったのでよかったです。

血はいつも足りていないので、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

と、今日はとても暑かったので、献血の針あとにつけていた絆創膏がすぐにはがれかけてきて、特に血も止まってるみたいだったので、仕事中にそこはぺりっとはがして捨ててたんですよね。で、帰宅したあとに、なんか腕に水気(汗?)を感じるなと思ってみたら、針あとから血が垂れてた・・・ちょっと袖口に血がついたくらいでしたが、あーびっくりした。その後ちゃんと止血したけどね。

「ドヴォルジャーク (作曲家・人と作品シリーズ)」を読みました

オケで演奏する作曲家シリーズ。今期はこれだけかなあ。

スメタナの指揮でビオラ奏者だったところにはじまり、リストとここでつながってくるのかそういや後進の指導に熱心でしたもんね>リスト、とか、ブラームスとはわりと仲良しさんでブラ3とドヴォ7が縁があるのはなんかオケ的にも縁があるなあ、とか、そういうここでその話が出てくるか!なんか張り巡らされた伏線が回収されてるみたい!、とまあもちろん史実なのでそういうこともあるわけなんですけれど、勝手にそういう盛り上がりをしてしまったり。

そういやピアノとかあまり聴いたことなかったけれど、ピアノ協奏曲は結構好みだった記憶があるけれど、そういうのも聴いておきたいですね、って思ってBGM的にそれどころじゃないから後回しになったりしてますが、ピアノくらいなら普通に作業BGMにできそうだった。

なんかこう、音楽の才能があるけど、他の勉強を強いられて、でも音楽の道をあきらめられなくて、みたいな話は今も昔もありそうだけれど、ここは完全に成功者バイアスなのでこの影にたくさんの音楽家を目指した人たちが・・・とふと思った今日この頃。

オケ的にはチェコシリーズなのでスメタナの本も探しているんですが、あるにはあるんだけれど、もはや絶版で普通には手に入らない(ネット上ではプレミアついてる)のでどうしたものかなあ、というところです。近くの図書館とかにも置いてなさそうだったしね。

じゃ、次なに読もうかな。

「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく!Re:」を観てきました

昨日から上映開始されたということで早速。

「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく!」公式サイト

配信で何度も見ているシリーズですが、総集編だとどんな感じに編集されるのかな、というのもあるけれど、それよりも大画面で大音響でバンドの演奏を聴けるっていうのを楽しみに。

そしてそれはもう大満足で。というかオープニングからすでに満足してしまってた。

見たことない人でもそれなりに楽しめるとは思うけれど、途中で通過するシーンたちを知ってるとよりいっそう楽しめるかなあ、と。

バンドの演奏、ギターの細かい音とかもしっかり鳴っててすごい臨場感。ぼっちちゃんかっこいい〜!!

後半ももちろん行かなくちゃ、ですね。8月が楽しみ。

パンフと入場者特典の冊子 + ミニ色紙はこんな感じで。

ちなみに、公開前にXに応援イラストがいろいろ投稿されていたのですが、個人的にはこれが大ヒットです。このグッズ欲しい。

Mobile Act OSAKA 13にいってきました – FlutterでSVG画像を合成する

各種勉強会もオフライン開催が復活してきていい感じですね。全部に登壇するのはネタ作りが大変なのですけれど。

Mobile Act OSAKA 13 – connpass

今回はわりとすぐにネタを思いついた、というかまさにちょうど苦戦していたところだったのでそれをそのまままとめて使うことにしました。

 

最近使い始めたSwiftDataの話とか、FlutterとかAndroidのコアな話とかそういうLT的なものだけではなく、じっくりと実装を改善していく話の枠とかは新鮮でそして勉強になりました。

あ、大事なことなので、ここでも書いておきますけれど「そらコーデ」よろしくお願いします。(自分の作ったアプリを宣伝するというのもある意味勉強会で発表するモチベーションではある)

AIが天気と相談して、着回し感覚で毎日のコーデを提案するアプリ、そらコーデ

次はどこの勉強会だろう。日々の開発の中で「あ、これは勉強会ネタになるかも」とかそんなことを考えている今日この頃です。今度はそろそろiOSネイティブの話をしたい。

なにはともあれ、みなさまおつかれさまでした。幹事の方々いつも本当にありがとうございました。

あ、フェンリルさんのカレーいただきました。食べるの楽しみ。

京都市民管弦楽団第109回定期演奏会でした

もう3日も経ってしまって完全に遅れてますが、先週末に本番でした、と。

曲目 シベリウス 交響詩「フィンランディア」
チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
ベートーヴェン 交響曲第5番
指揮者 小田野 宏之
場所 京都コンサートホール
備考 全曲トップ

名曲コンサートっぽさがあるけれど、演奏経験的には初対面の曲が多め。そのせいもあるのか、新鮮な気持ち(初対面なので新鮮なのは当たり前だけど)で、そしてわりと真摯に向き合えたんじゃないかと思うのです。多分。

和音を調べたりも今まで以上にしたので、いろいろと音楽作りの勉強にもなりました。

シベリウスは平和への祈りが届けられたでしょうか、というかいきなり体力勝負なのでペース配分慎重に、冷静に冷静に。

チャイコの冒頭、ゲネではよかったけれど、、、と思ったら本番はもっとよかった。1ページ目をなんとか切り抜けられたのでそれだけで大満足です。あ、もちろん、葬送行進曲のpizzもばっちりでした。パートのみなさんしっかりと合わせていただき感謝です。

そんなかんじで前半は好スタートを切ったんですが、やっぱりシンフォニーは別格ですね。ところどころで細かい?事故もいろいろあったような気がしなくもなく、それでもベートーヴェンを堪能できたんじゃないかなあと。まあ、初対面の5番、ベース張り切りゾーンはまだまだ太刀打ちできそうにないですけれど・・・

曲目的にお客さんもたくさん入ったようですし、そんな中で演奏できたのはよかったです。聴きにきていただいたみなさんありがとうございました。

おいしいお酒も飲めましたし、関係者のみなさんおつかれさまでした。

次回はこんな感じ。スメタナは前半3曲、メインはドヴォルザークのほうね。課題図書も読みますか。

ドヴォルザークといえば、そういえば、プラハの記念館に行ったことあるよなあ、と思って写真を探してみたらありました。20年くらい前。

ドヴォルジャーク博物館

像もとってたね、なぜこの構図なのかは不明だけど。

ドヴォルジャークホールの前のドヴォルジャーク像

献血日記(149)

前回から2週間空いた直後でしたが、ちょうどいい感じに時間とれそうだったのでいけるうちに、と。

献血ルーム四条|京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

今日はほんとに通常運転だなあ、と思っていたら、ベッドに乗った時にメガネを老眼鏡にかえてないことを思い出しましたよ。時すでに遅し。

わざわざルームまでも老眼鏡持っていってるんですが、問診とか血液検査の時にかえてしまうと、人の顔とかみえなくなってそれはそれで困るのでいつも本番採血前にって思ってたのにね。

で、ここ最近は採血中の読書は老眼鏡使ってたので、無いとどうなることか、と思っていたけれど、実際はなんとかなりました。よかった。細かい文字の文庫とかだと大変だけれど、マンガだったしかなあ。

ポイントたまったのでクロミちゃんのAB型ピンバッジをゲット。これでシナモAと、ポムポムB、クロミABときたので、次はポチャッコOにするかな(ほんとはどのキャラにもそれぞれ全部の血液型のがあります)

血はいつも足りていないので、可能なら予約した上で、みなさんも是非どうぞ。

京都府赤十字血液センター|日本赤十字社

なにげに次で150回ですね。なんとなくちょっとした節目?

「犬神博士」を読みました

なんか読む本無くなったなあ、と思った時はなぜか家にたくさんあるこのシリーズ(文スト表紙シリーズ)

そういえば、ちょっと前に森先生の(舞姫とかね)を読んでいたのだけれどストーリーがいろいろもやもやして途中で断念していたのでした。アニメでは「Q」(↑表紙の子)はあまり好ましいキャラじゃなかったけれど、それもさておき。

わりかし普通にさくさく読めるおもしろい話でした。ミステリーでもアクションでも恋愛でもコメディでもなんでもないけれど、小さな子どもが無双する話。「犬神」どこにいったっけ?とか言ったら負けなんだろうな。

読みやすかったのは、作者自体が福岡出身(読みはじめてから知った)だし、物語の舞台も福岡なので地名も含めて馴染みがあったのもあるかも。あと、会話も普通に読めていたのだけれど、これは方言なんだろうな、他の地域の人からすると読みにくいこともあるんだろうな、きっと。

ちなみに、主人公のチイがこの「Q」っぽいよね、見た目の雰囲気が、と思ったり。

さて次はなにを読もうかな。おださくにするか。

(ドグラマグラも読んでみたいけれど、この表紙シリーズではでてないのよねえ・・・)